家庭内無線LAN

インターネット回線においてwifiを使うといえば、それは家庭内無線LANのことだと思われる方も多いかもしれません。
しかし今は時代がさらに進んで、wifiを使うのは家庭内だけにとどまらず、屋外のいろんな場所でも使えるようになりました。
つまりポケットwifiが登場したということですが、今wifiと聞けば、それはポケットwifiのことだと考える人も多くなってきました。
それほどポケットwifiは普及が進んでおり、インターネットを屋外でも行うというのは今や常識化されているのです。
では、インターネット回線をポケットwifiで繋ぐことはメリットばかりなのでしょうか?

 

ポケットwifiで繋ぐことはメリット

 

実は、メリットもあればデメリットもあります。
契約する前には必ずその両方を見ておいたほうがいいでしょう。

 

まずメリットから見ていきますと、なんといっても外出先で高速インターネット通信が楽しめるのは大きいでしょう。
光回線は通信速度が速くて安定感はありますが、それでも固定回線なので屋外で高速ネットを楽しむことはできません。
その点、ポケットwifiなら屋内でも屋外でも高速がネットワークが可能なのです。
この利便性に魅力を感じて契約を決める人も少なくありません。
さらに、時間のかかる配線工事が必要ないこともポケットwifiの魅力の一つです。
光回線でもADSLでも固定回線を使う場合は工事が必要になりますが、ポケットwifiなら、情報端末とルーターさえあればどこにいてもすぐネットワークに繋ぐことができます。
導入のための工事を行う必要はなく、そのための時間と手間をとられることもありません。
そして、一つポケットwifiを契約すれば複数の機器を同時に接続できるところもメリットです。
これはパソコンやタブレットだけでなく、ゲーム機や音楽プレーヤーを同時に繋ぐ機会が多い人には便利な機能になります。

 

ポケットwifiで繋ぐデメリット

 

一方、ポケットwifiのデメリットは、まず通信速度が安定しないことです。
固定回線と違って周辺の環境に影響されやすく、ほんの少し場所を移動させるだけでも通信速度が下がったり不安定になったりします。
また、使用可能エリアが広がってきたとはいえ、まだ全域をカバーしきっていないこともデメリットでしょう。
主要都市はとても高い人口カバー率ですが、田舎になるとこれが一気に下がり、場所によっては契約しても接続できない人がいます。
このように、ポケットwifiには長所もあれば短所もあります。
契約するかしないかは、両方をよく調べたうえで判断なさってください。